CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
新聞社リンク集
野球関係サイト
お買い物サイト

★通販市場本店★

通販市場本店

通販市場の本店です。
様々な商品をご用意しております。




★豆乳おからクッキー★

おからクッキー

おいしく食べてダイエット。
京都の職人が丹誠込めて焼き上げた、伝統の技が光る、おいしい豆乳おからクッキーです。




★ブリキ缶入り草加割れお煎餅★
割れせん

昔懐かしのブリキ缶に入った煎餅の専門店です。味は本格草加煎餅ですが、大幅にお値段はカット! その秘密は製造段階ではじかれた・・・




★銚子の鰯黒せんべい★

鰯せん

千葉県銚子産の鰯のすり身を配合、天然カルシウム、DHA、EPAをたっぷり含んだ、健康にとてもいいおせんべいです。


同一のカートで、同時にまとめて注文できます。

同一注文における送料は、複数点を注文されても全国一律525円(税込み)となります。(一部の大型商品は除く)

まとめ買いがお得!

カウンター(08/03/29より)
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< さらば、トルネード・・・野茂、現役引退決意 | main | 独立リーグの現状 >>

旧ブログ「コレバナ」はこちらへ移転いたしました
旧ブログよりおつき合いのある方はぜひこちらの説明をご覧ください


DPバス

がんばれ! 群馬ダイヤモンドペガサス!
ペガサスの翼(分館)−ぺがつば写真館−



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
BCL、こんな風にならないか? BCLの理想、BCLの夢
今日(7/20日)、オリスタで上信越選抜対ヤクルト・ファームの試合が行われた。
結果はヤクルトが5−2で勝ったわけだが、みんないい経験になったことだろう。
ちなみに選抜チームでは「筋肉マン」井野口が4番(成績は不明)、鈴木が負け投手となっていた。
もうすぐ後期が開幕。
井野口もようやく調子が出てきたようだし、前期の敗退をバネにして、後期は快進撃を期待したいものだ。

さて、今日この記事を書こうと思ったのは・・・。
BCLの前期日程で思っていたことと、後期日程を見て感じたことから、今後BCLがこうあればいいなあ、ということをちょっと書いてみようと思ったから。
まあ、実現は難しいだろうけど、あくまでも理想論として、どなたかに読んでいただけたら、と思う。

日程上の問題とは?
独立リーグという性格上、「そんなのは当たり前」という意見もあるだろうが(アメリカでは3A以下のバスで長距離を移動するリーグは「ハンバーガー・リーグ」と呼ばれるほど、ハングリーだ)、あまりにも日程が厳しい。
たとえば、群馬で新潟戦を行い、翌日富山で試合をして、さらに翌日群馬に戻って新潟と試合・・・。
誰が考えたのかは知らないが、もうちょっと効率的な日程は組めなかったものなのか?
BCLの加盟チームはもともと経営的にも恵まれているとは言えないし、こういう日程上の「ロス」というのは移動費も宿泊費も余計にかかるわけだし、選手の疲れ以上にきっとキツイのではないだろうか?
さらには雨の振り替えが福井で入ったりすると、相当たいへんだろう。

繰り返すが、これはあくまで理想論で、机上の空論だ。
だが、こうなれば、いろいろなことが解決するのでは、という提案でもある。
まず前提となるのは、北陸・上信越、共に1チーム増えて、4・4となること
(この時点ですでにだいぶ無理があるだろうが)
日本地図を見ると、北陸3チームに岐阜か山梨あたりが加わって「西地区」、上信越3チームに福島か栃木あたりが加わって「東地区」となれば、より理想的な日程が組めるように思う。
(第一、3チームで優勝を決める(それも2回も)ってところに、どうも違和感があったんだよなあ)
その上での基本は2連戦×2

たとえば同地区4チームで週末に同チーム同士で、2連戦もしくは木・金でAチーム、土・日でBチームの4連戦を行う。
次の週末は他地区へ出かけて、木・金でAチーム、土・日でBチームの4連戦。
この時月・火は予備日とし、中止は即時代替試合開催とする。
同地区ホーム・アンド・アウェー4×2×3=24試合。
他地区ホーム・アンド・アウェー2×2×4=16試合。
計40試合を前後期、それぞれ行う。
優勝の決め方は今シーズンと同じ。

これなら移動が少なく、楽になった分、試合も増やせ、客にとっても観戦しやすくなるのでは?
さらにBCLを拡大できるなら、東北4チームを加えて3地区制とし、最終的にはワイルドカードを交えての4チームでのプレーオフが行えれば、より本格的になってくるだろう。
| BCリーグ | 00:39 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:39 | - | - | pookmark |
コメント
お久しぶりです。
4チームになるのは大賛成です。福島あたりでしょうか?

ただ、福井で平日開催だと群馬の応援団は0〜5人ですからね。

読売新聞に観客動員数トップのペガサスでさえ、黒字は困難との記事がありました。

環境にも優しく、経営基盤の身の丈にあった移動距離を考えてもいいかも知れないですね。


| おやじんぐ | 2008/07/21 12:03 PM |
何時もお世話になっております。

最近巨人関連記事の欠場が続きますが・・・

確かにチームが増えるのは理想だけれど、その前にどうやってBCリーグを成功させていくかなんですよね。

移動についてですが、移動大変と言っていたらMLBやサッカーのACLは時差も距離もあるわけだから3時間の移動で厳しいと言っていたら地域が広いサッカーJ2のプロにも慣れないでしょうね。
どうして移動が多いかと言えば球場の確保や専用バス1台で宿泊費(バス1台の燃料費等を考えたら明らかに高い)を軽減している面が大きいんですよね。それに週末しかやらないのは四国リーグの反面教師もあり集客を考慮した結果平日は夏場以外避ける目的があります。
上手く地域に宿泊施設を確保する必要はあるんですよね。
新潟はJリーグで苦しい経験をしているだけにその経験が今のBCリーグの教訓になっているのは確かです。
詳しくはアルビレックス新潟の奇跡という著書を読んで頂いた方が理解しやすいかもしれません。
志は大きく持ちたいですけれどね。
| PGM21 | 2008/07/22 12:30 AM |
コメントする