CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
新聞社リンク集
野球関係サイト
お買い物サイト

★通販市場本店★

通販市場本店

通販市場の本店です。
様々な商品をご用意しております。




★豆乳おからクッキー★

おからクッキー

おいしく食べてダイエット。
京都の職人が丹誠込めて焼き上げた、伝統の技が光る、おいしい豆乳おからクッキーです。




★ブリキ缶入り草加割れお煎餅★
割れせん

昔懐かしのブリキ缶に入った煎餅の専門店です。味は本格草加煎餅ですが、大幅にお値段はカット! その秘密は製造段階ではじかれた・・・




★銚子の鰯黒せんべい★

鰯せん

千葉県銚子産の鰯のすり身を配合、天然カルシウム、DHA、EPAをたっぷり含んだ、健康にとてもいいおせんべいです。


同一のカートで、同時にまとめて注文できます。

同一注文における送料は、複数点を注文されても全国一律525円(税込み)となります。(一部の大型商品は除く)

まとめ買いがお得!

カウンター(08/03/29より)
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

旧ブログ「コレバナ」はこちらへ移転いたしました
旧ブログよりおつき合いのある方はぜひこちらの説明をご覧ください


DPバス

がんばれ! 群馬ダイヤモンドペガサス!
ペガサスの翼(分館)−ぺがつば写真館−



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
巨人、上原打たれて負けたと思ったら、勝ったのね・・・ブログ、しばらく不定期にします
◆巨人7―5ヤクルト(2日・東京ドーム) 巨人は3―5の8回、1死一、三塁で高橋由伸外野手の中前適時打で1点を返し、木村拓也内野手の左犠飛で同点に追いつくと古城茂幸内野手の3号2ランで一気に突き放した。先発のバーンサイドは6回を投げ2失点。7回から登板した上原浩治は2回を3失点と乱調だったが味方打線に助けられ今季初勝利。最後はクルーンが無失点で切り抜け20セーブ。チームは貯金を1とした。
スポーツ報知より

途中経過で上原が打たれて・・・。
こりゃ、負けた、と思ったね。
ところが、夜のニュースで、逆転勝ちしたって!
うーん、これは喜ぶべきか憂うべきか。
上原も、勝ち(今季初勝利)がついたって、うれしかないだろうな。
今後のチームの浮上はこの男にかかっているだけに、しっかりしてほしいもんだ。

ええと。
去年も父の入院・死去でしばらくブログの更新ができない日々が続きましたが、このところまともに睡眠時間の取れない日々が続いており、またもやこれを書くのもやっとの状態となっています。
やろうと思ってやれないわけではないのですが、仕事や家族を中心に考えると、「ブログを書くこと」にどうしても真剣になれない・・・。
完全にやめてしまうわけではありません。
今後も巨人、日本代表、オリンピック、競泳、そしてペガサスの大きな話題があった時はできるだけ書きたいと思っています。
・・・という、これは自分への宣言かな。
以上!
| 巨人 | 23:47 | comments(5) | trackbacks(4) | pookmark |
巨人、ラミレス4安打・2HR・4打点! ・・・勝ったのはヤクルト(>_<;)
◆巨人4―7ヤクルト(1日、東京ドーム) 巨人は先発の野間口が青木の9号ソロなど3回5安打4失点の乱調。4番・ラミレスが2回に21号ソロ、4回に2打席連続の22号3ランを放って同点としたものの、2番手の越智がヤクルト打線につかまり、武内の適時三塁打とウィルソンの適時打で5回に致命的な3点を失った。
 打線も5回以降はラミレスの2安打だけに抑え込まれ、ヤクルトの小刻みな継投の前に反撃の糸口もつかめず。3連戦の初戦を落とし、再び勝率5割に逆戻りした。

スポーツ報知より

スポーツ報知も書いているが、まさにラミだけじゃ勝てない!
やっと復調のラミレスは大当たりしてくれたが、結局それだけなんだよね。
あとはエラーをしたキムタクと小笠原と谷のベテランさんたちが1本ずつ。
あとは三振の山。
これじゃ、勝てません。

それより、今日の最大の敗因は先発だよ。
はっきり言って、野間口には1軍の力はない。
お家事情もわかるが、こんなのを先発ローテに入れなきゃならないようじゃ、勝てるわけないんだよ。
始めっからぼかすか打たれて。
あっという間に4点奪われ、あっという間に代打。
負けがついたのは越智だけど、試合をぶち壊してくれたのは、先発だよな。
しかし、あれほど充実していたはずの投手陣が、今じゃ、勝ちを計算できない投手ばかり。(内海が辛うじて?)
こりゃあ、借金生活に逆戻りの予感だな。

むむ。
イースタンでは、スンちゃんと二岡が大当たり。
| 巨人 | 22:31 | comments(1) | trackbacks(5) | pookmark |
巨人、ラミレスの満塁弾で、気がつけば圧勝! ヒサ、上原、上々の復帰戦
◆広島1―6巨人(29日・広島) 巨人は1―1の9回、ラミレスの20号満塁弾などで一挙5点を奪い試合を決めた。その裏エース・上原浩治が登板し、1回を無安打無失点で復帰戦を飾った。
スポーツ報知より

ヒサが復帰後初先発、しかも6回を3被安打、1失点と、なかなかいいピッチングをしてくれた。
勝ちこそつかなかったが、今後ローテの柱となってくれるだろう。
上原は押さえで使うことになるのか。
そうすると、クルーンとの使い分けはどうなるのか。
クルーンよりはずっと安定して、計算できると思うけどね。
昨年までの働きができれば、監督としてはずっと使いやすい。
しかも日本代表の星野監督からすれば、その位置での活躍は一番うれしいところだろうし。

やっとラミレスも戻ってきたかな。
値千金の満塁弾。
これからの追い上げ、頼むぜ。
| 巨人 | 19:33 | comments(2) | trackbacks(7) | pookmark |
巨人、交流戦明け、未だ勝てず 降雨コールド引き分け
◆広島3―3巨人=降雨コールド=(28日・広島) 巨人は2−2の5回、2死三塁で鈴木尚の中前安打で阿部が生還し勝ち越し。その裏、先発の内海が1死を取ったあと連打を浴び同点を許した。試合は7回2死一塁、阿部のとき雨が強くなり降雨コールドとなった。
スポーツ報知より

なんとも気持ちの落ち着きどころのない試合というか・・・。
降雨コールドの引き分け。
小笠原の一発だけで、正直つまらん試合。
しかしデーゲームってなんとかならんかね。
テレビの放送やっても1時間半なんて中途半端だし、ラジオもやってない。
交流戦のころは、ヤフーが動画サービスで見せてくれたんだけどね。
あれはパの主催のみだし。
おかげでG・HPのライブ画面で試合を追っかけるのみ。

広島とはこんな感じで最後までもつれるのかね。
はっきり言って、広島とずっともつれとるようでは、中日、阪神に追いつこうなんざ、夢のまた夢。
ああ、いらいら。
明日は誰だ?
復帰組はそろそろ投げんのか?
それとも中日用にとっておくのか?
| 巨人 | 00:22 | comments(0) | trackbacks(5) | pookmark |
ペガサス、富山に逆転勝ちで新潟に0.5差
4回に富山が死球、内野安打、右前適時打で1点を先制。
ペガサスは富山先発の生出投手に5回まで無得点に抑えられますが、6回から
継投した五艘投手からこの日スタメンに復帰した6番井野口が右中間2塁打で
出塁。肥田の送りバントで井野口が3塁へ。8番廣神の右前適時打で井野口が
生還し、同点とします。
ペガサスは7回にも丹羽がセンターオーバーの2塁打で出塁し、井野口の左前
適時打で1点を追加し1対2と逆転します。
富岡は苦しい戦いを最後まで投げきり、1対2のまま試合終了。ペガサス初の
完投勝利となりました!
入場者数は1,473人。

富山000 100 000 1
群馬000 001 10X 2
・勝利投手:富岡(群馬:4勝 2敗 1S)
・敗戦投手:萩原(富山:0勝 3敗 0S)

※ペガサス・メルマガより


新潟とは一進一退だ。
もう残りわずか。
とにかく他のチームに星を落とすわけにはいかない。
そのためにも、ここに来て、井野口に当たりが戻り始め、また、富岡が先発として、しっかり仕事ができるようになってきたのは大きい。
今回は集中打の爆発とはいかなかったようだが、こういう投手戦をものにできたというのは、底力がついてきた証拠のようにも思う。

これからはマッチレースとなってくる。
直接対決はもちろん、星を落とした方が限りなく優勝から遠のくことになろう。
雨の振り替え戦などでの連戦や長距離移動などで辛い試合が続くが、一つも落とさないつもりでがんばってほしい。
| 群馬ダイヤモンドペガサス | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
交流戦明けの巨人・・・早くも貯金がなくなる
◆広島6―1巨人(27日・広島) 巨人は先発のグライシンガーが5回5失点の乱調でレギュラーシーズン再開の試合を落とした。グライシンガーは2回に1点を失うと、3回には栗原に3ランを浴びた。5回にも高橋由の失策などで失点した。
 打線も阿部が7回に7号ソロを放つも、20歳右腕の前田健の前に7回3安打と抑えられた。巨人は連敗で貯金がなくなった。

スポーツ報知より

うーむ。
まったくいいところがない試合だった。
グライは使い物にならんな。
守備もボロボロ。
しかも打線は20歳の前田相手にわずか3安打。
やる気、あんのか!(`へ´)

さて、上原、ヒサが選手登録。
もう少しすると、二岡も戻ってくる。
二岡はサードで復帰が有力。
ショートは坂本で固定。
しかし、彼らが戻ってきて、チームのバランスはどうなるのか。
ヒサなんか、新制度で一気にFA権獲得なんて話もあるし、モチベーション、ハングリー精神を、どこまで維持できるのか・・・。
| 巨人 | 22:13 | comments(1) | trackbacks(7) | pookmark |
巨人、またもクルーンが試合を壊し、交流戦優勝を逃す(>_<;)
◆巨人2―3ソフトバンク(22日・東京ドーム) クルーンが打たれ巨人は交流戦優勝を逃した。同点の9回から登板したクルーンはエラーなどがからんで1死二、三塁のピンチを招き、本多の二塁ゴロが野選となる間に決勝点を奪われた。ソフトバンクが15勝9敗で交流戦優勝を果たした。
スポーツ報知より

うぐぐぐぐ・・・。
クルーンの打たれ方はいつも通りだな。
彼が出てきた時点でなんかいや〜な予感がしてたんだ。
ランナーこそ出したものの、シンノスケのリードでなんとかしのぎきった越智はよーがんばったが、球の速さにうぬぼれるクルーンの注意力散漫なところは、この最高の場面でも同じだった・・・。
こうなると、守備だって乱れる。

まずは昨日のヒーロー、大道がスタメンに名を連ねた時点で、いやな予感がしたもんだ。
肝心なところで代打に使えんじゃないか。
代打としたら、小笠原と大道、どっちが可能性が高い?
(小笠原を使えない時は、他にファーストやれるやつ、おらんのか?)
ああ、途中で阪神勝利の報が入って、この試合の勝った方が交流戦優勝となったわけだが、こんな結果になるなら、阪神に負けてほしかった。
日ハム〜!!!(>_<;)

さて、これで順調に日程をこなした巨人はちょっと早い夏休み。
(当ブログもしばしお休みかな?)
次は27日から広島市民球場。
オリンピックもあるし、こんなに無駄に日程を空けてもいいのか? ・・・って気もするが、まあ、交流戦の性格上、やむを得ない空白。
またほぼ半分の日程が終わり(72試合まであと4試合)、節目ともなる。
この交流戦で掴んだ上昇気流にさらに乗り、また戦力を整え直して、後半戦の巻き返しと行こうではないか!
待ってろよ、中日・・・そして阪神!
おーい、上原はいつまで待たせるんだ〜!?
| 巨人 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(7) | pookmark |
livedoorブログの方へ
なんの不具合かlivedoorをご利用の方へ、コメント及びTBが送れない状況にあるようです。
お返事できずにすいません。
| - | 17:45 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
劇的! ペガサス、丹羽のサヨナラHRで、新潟と首位に並ぶ
新潟002 000 300 5
群馬000 020 105x 8
・勝利投手:富岡(群馬:3勝 2敗 1S)
・敗戦投手:中山(新潟:4勝 3敗 0S)

ペガサスHPより

4番・丹羽がやってくれました。
なんと、3点差をひっくり返す、9回裏の猛攻。
この日は自慢の集中打が土壇場、9回裏に出てくれた。
止めは丹羽の3ランHR。
前日の10点をたたき出しての勝利もすごかったが、こういう勝ち方もチームに弾みがつく。

残念ながら、今日は仕事。
明日も(雨で中止だろうが)、妹の結納で、とても試合には行けず。
ちょっと歯がゆいものを感じるが、チームが勝ってくれれば、溜飲も下がるというもの。
特に例の事件で、逆に火がついたのか、ペガサス・ナイン、今まで以上に燃えているようにも思う。
これでついに新潟に並んだ。
前期も残りわずか。
一気にラストスパートで勝ち進み、優勝の座をつかみ取ってくれ!
| 群馬ダイヤモンドペガサス | 23:54 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
劇的! 巨人、12回サヨナラ勝利! 交流戦優勝に望みをつないだ!
◆巨人3x―2ソフトバンク=延長12回=(21日・東京ドーム) サヨナラ勝ちで巨人は交流戦優勝に望みをつないだ。9回2死から代打の大道が起死回生の1号同点弾。延長12回から登板した東野が松田に右翼席に弾き返され勝ち越されたが、無死二、三塁から木村拓が左中間を破り4時間を越える試合に勝利した。巨人は4連勝で貯金を2とした。
 グライシンガーが初回に松中の犠飛で失点したが2回以降は粘りの投球で追加点を許さず7回1失点。
 ソフトバンクは杉内は9回154球を1失点で降板した。

スポーツ報知より

ま、ま、ま、まさか・・・。
勝てるとは思わんかった。(^_^)
大道はほんと、何かを起こす男だな。
そしてそれまではまったくダメだったキムタクのなんという劇的なヒット。
いやはや。
古城も鈴木もよく塁に出てくれた。
こういう勝利が弾みになるんだよ。
まさにミラクルのきっかけになりそうな予感だ。

9回裏、2アウト、2ストライク、1点ビハインド。
どう見てもこれは負け・・・と思いながら、なくなく仕事の合間に見ていたケータイ・ワンセグを切った。
で、ようやく仕事を終えて、車に乗ったら、なんとまだ試合をやっている!
しかも12回裏。
慌ててテレビのNHKに切り替えると(NHKはこういうところはいいね。どこかの延長さえしない、放送さえしない、グループ・テレビ局と違って、ちゃんと最後まで放送してくれる)、まあ、元巨人の佐藤から古城が初球を叩いてヒットで出てくれた!
鈴木はバントかと思われたが強行策が見事にはまって、ノーアウト2・3塁。
結局一つもアウトにならずに、キムタクの火を噴くようなヒットでサヨナラ。
こんな胸のすく勝利はなんとも久々。
キムタクはうるうるしてたね。

好調杉内を最後の最後で捕らえた大道が今日の最大の殊勲者だと思う。
杉内といえど、さすがに150球は多すぎた。
そのスピードが落ちてきたボールをしっかり土壇場で見切った大道は、さすが大ベテランの味を見せてくれた。
さて、阪神も日ハムに負け、これで巨人は交流戦優勝争いに踏みとどまった(1位に4チームが並ぶという大混戦。勝った2チームが優勝?)。
明日の最終戦も勝って、優勝を決め、ペナントレースに弾みをつけてもらいたいもんだ。
それにしても・・・。
今年の交流戦は、巨人にとってはなんともおいしいものとなった。
| 巨人 | 23:16 | comments(6) | trackbacks(12) | pookmark |
<< | 3/15PAGES | >>